新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

相続放棄のよくあるご質問

皆様からよくいただく相続放棄のご質問に司法書士がお答えします。

 

Q1.相続放棄できる期間は?

亡くなったことを知ってから3ヶ月です。

2.3ヶ月経過後でも相続放棄できる場合とは?

財産の存在を初めて知った場合(特に借金)、いきなり督促状が来て初めて借金を知った場合には、相続放棄できる場合があります。

3.相続人が未成年の場合の相続放棄は?

法定代理人(原則親権者)が代わりに行います。

4.相続放棄しているか不明な場合は?

(利害関係人のみに)裁判所で相続放棄をしたかどうかを教えてもらうことができます。

5.相続放棄申述受理証明書の交付を受けるには?

裁判所に所定の印紙を添付し、裁判所へ請求ができます。

6.相続放棄申述受理通知書は、相続登記の添付書類ですか?

相続登記の添付書類とは異なります。相続放棄申述受理証明書が必要です。

7.相続放棄申述の撤回、取消は出来るのか?

原則できません。

8.3ヶ月以内に放棄、承認の選択が出来ない場合は?

期間の伸長の申し立てができます。

9.一部の相続人が相続放棄した場合の、債務の取り扱いは?

その他の相続人に債務が引継がれます。同順位がいなければ次順位の相続人に債務が引き継がれます。

10.相続放棄しても生命保険の死亡保険金を受け取れる?

受取人になっていれば、生命保険を受け取ることができます。

11.相続人が相続放棄する前に死亡したとき

亡くなった方の相続人が、借金を引き継ぐため、相続放棄が必要になります。

12.遺贈の放棄はどうすればよいのか?

包括遺贈の放棄は、相続放棄と同様の手続きが必要です。

13.相続放棄が出来なくなる、法定単純承認事由とは?

相続財産の処分など、921条に列挙してある事柄を指します。

14.1人に相続分を集中させるための相続放棄はできる?

できます。

15.遺産分割協議が成立した後に、相続放棄はできる?

原則できません。

無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る