新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

相続登記の必要書類

相続で受取った土地や建物などの不動産の名義変更をする場合には、
下記のような書類が必要になります。

中には、取得が大変なものもありますので、
当事務所でも書類取得の代行をさせていただいております。ご相談ください。

亡くなられた方の書類

1.戸籍謄本等

亡くなった方(被相続人)の生まれたときから亡くなった時までの全ての戸籍が必要です。

被相続人の記載のある戸籍謄本は1通ではないことが多いです。たとえば、結婚したとき、籍の場所を変更したとき、離婚したときなどには戸籍が変更します。

特に遠方の市区町村に転籍されている場合は、取得手続きの手間が煩雑になります。
一番この戸籍収集が大変といわれるお客様が多いため、戸籍収集の代行サービスも行っています。

2.住民票の除票または、戸籍の附票の除票

被相続人を住所と氏名及び本籍地で特定するために必要です。

相続人の方の書類

1.法定相続人全員の戸籍謄本

相続人であることを証明するために必要です。
誰が相続人に当るのかというのが問題です。
実は、異母兄弟がいて、その方も相続人であるというケースもよくありますので
よく判らない場合はご相談ください。

2.遺産分割協議書(法定相続人全員の印鑑証明書付)

法律で定められた相続分以外の割合で相続する場合に必ず必要です。
名義変更の時には、預貯金や株式の名義変更でも必要になります。

3.財産をもらい受ける人の住民票

登記簿の名前を変更するために、受け継ぐ人の住民票が必要です。

4.財産をもらい受ける人からの委任状

司法書士に相続登記の手続きを任せる場合に必要です。

5.不動産の固定資産評価証明書(一番新しい年度のもの)

相続登記にかかる税金(登録免許税)を計算するためです。

6.相続する物件の登記簿謄本

相続登記申請の前に、不動産を特定したり、被相続人名義の不動産かどうかを確かめたりするためです。

これらの書類を紛失、集めるのが大変な場合は・・・

これらの書類を、紛失してしまった・・・
取得できない・・・
何を集めればよいか、よくわからない・・・
という方も、お気軽にご連絡ください。

初めての相続で何からはじめればよいのか分からなく不安の方も大勢いらっしゃると思います。

必要書類は全て集めないと相談できない?というご心配は不要です。
まずは、何が必要かどうかから、一緒に考えさせていただきます。

 

当事務所相談ください。

 

無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る