新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

大切なペットを守るペットのための民事信託活用

 

もし、自分が病気やけがでペットの世話をすることができなくなったら・・・

自分がペットよりも先に死んでしまったら、ペットは元気に暮らしていけるだろうか・・・

 

そのような不安や心配をお持ちの方が大勢いらっしゃいます。

私も猫を飼っており、今は元気で問題なく世話をすることができますが、自分が高齢になりもしものことを考えた時、残されたペットのことを思うと不安になってしまいます。

 

このようなお悩みを解消するために、新しく整備された制度が、「ペットのための民事信託」です。

あらかじめ、飼い主が万が一のことが合った時に備えて、残されたペットがその後も幸せに暮らしていけるだけのお金と預かり先を、決めておくことができます。

 

 

ペットのための民事信託のメリット

1.あらかじめペットの生活資金を準備できる

介護施設の入居や入院で飼い主にお金が必要になっても、ペットのための生活資金を準備しておけるため安心です。

 

2.飼い主がもしも亡くなった場合にも、ペットの生活を守れる

あらかじめ決めておいた新しい飼い主によって世話をしてもらえるので、ペットの生活が守られます。

 

3.相続財産とは別に管理される

相続で遺産分割になっても、ぺっとのための資金は別で用意されており、その分は遺産分割とは別で扱われるため、確実にペットのために用意したお金はペットのために使われます。

 

 

ペットのための民事信託の流れ

 

 

1.無料相談でヒアリング

専門家がしっかりとお客様のご希望をお聞きし、新しい飼い主を誰に、どれだけのペットの生活資金を残すかを決めます。

 

2.ペットのための民事信託契約書を作成

あわせて、当事務所では、公正証書遺言も作成を行うため、相続の際にも安心です。

 

3.公証役場にて公正証書遺言作成

公正証書遺言をさくせいするため、ご自身で書かれるものよりも、
実行されることが確実です。

無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る