新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

遺言

遺言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなお客様からよくご相談いただいています

① 離婚歴があって、前の配偶者との間に子供がいるケース
② 子供のいないご夫婦のケース
③ 兄弟同士が不仲のケース
④ 内縁の妻(夫)に財産を残したいケース
⑤ 自分の応援する団体への貢献のために寄付をしたいケース
⑥ 子供が複数いるが、自分の面倒を見てくれた人に沢山財産を残したいケース
⑦ 認知症や寝たきりの家族が相続人になる可能性のあるケース
⑧ 会社の経営者で子どもへの承継を考えたいケース

 遺言を特に書いたほうがよいケースはこちらをご覧ください>>

このようなお客様は、遺言を書かないと大きなリスクがあります

遺産争い

●前妻との子どもと後妻との子どもが自分の遺産を巡って争いに・・

●夫婦で築いた財産を、疎遠だった兄弟と分けなければならない・・・

●不仲の兄弟と遺産を巡り、意見が合わずに遺産の分け方が結局決まらない・・・

●内縁の妻(夫)に財産を残したかったが、仲のよくない自分の息子や兄弟に財産が渡ってしまう・・・

等々、トラブルの火種になりやすいのです。

遺言で解決

 

遺言を書きたくても書けなくなる前に・・・!

im_nagare02

遺言は認知症になってからでは書けません

まずは無料相談へ、お気軽にお越しください

電話

 

遺言作成サポートで解決しましょう

 

 

 

 

 

料金表はこちらよりご覧下さい>>

サポート内容

財産関係のヒアリング

必要書類や流れのご説明

お客様の意思に最適な遺言のご提案

遺言原案の作成

公証役場などの連絡調整

公正証書遺言作成時の
証人立会い

無料相続相談受付中!025-250-6056

専門家より遺言作成のメリットについて

  • im_nagare02遺言作成の1番のメリットは、
    お客様の想いに沿い財産を引き継ぐことができることです。

  • しかし、それだけではありません。

  • もし相続が発生したときには、
  • 遺産相続の手続きが断然スムーズなのです。

    たとえば、遠方に住んでいる兄弟の印鑑を集めたり、分け方の話し合いなどの時間がかかる手間を、

  • 遺言を書くことで省略することができるため、名義変更や手続きが楽になります。

  • そのため、ご家族になるべく手間をかけたくないというお客様からも、遺言を作成されることが多くいらっしゃいます。

  •  まずは、遺言を書いたほうがよいのかどうかのご相談でも結構ですので、お気軽にご連絡下さい。

無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る