新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

生活保護を受けている方の相続放棄について

生活保護を受けている方であっても、当然ながら相続をすることができます。

しかし、相続を受取った場合、生活保護を受給することができなくなる場合があります。

なぜなら、生活保護を受給するためには、以下の法律で定められた保有財産額を満たさなければならないからです。

 

生活保護を受給したまま保有できる財産

・居住用に必要最低限な資産

・事業用に必要最低限な資産

・処分することが出来ない資産

・又は処分することが著しく困難なもの等

 そのため、生活保護を受給し続けるために、あえて相続放棄を考える方もいらっしゃるかと思います。

 

ところが、生活保護制度では、「法律や制度により、援助を受けることができる場合は、極力それを利用することに努め、最低限度の生活維持に必要な費用が不足している部分について、生活保護を受けることができる」という規定のもとで生活保護の受給を行っているため、

相続財産があるのにもかかわらず放棄をしてしまった場合、その後生活保護ですら受給ができなくなってしまうのです。

ですから、生活保護を受給されている方は、プラスの財産が相続財産にある場合、相続放棄を行うことができません。

相続放棄について、ご不明点がございましたら、新潟相続遺言相談プラザまでお気軽にご相談下さい。


無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る