新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

エイチ・エス債権回収会社から、3ヶ月経過後の督促があった事例

状況

エイチ・エス債権回収会社より、相続人であるAさんに離婚をされたお父様の借金の督促状がきました。

督促状には、「民法915条に定める3ヶ月の熟慮期間が経過していることから、お父様の法定相続人である、貴殿が本件債権を相続しているものと考えます。」という内容が記載されており、これを支払わなければならないのかと、ご相談にお越しいただきました。

司法書士からの提案

まずは相続放棄の調査を行いましたが、借金が多いことがわかり相続放棄をすることをおすすめしました。また、Aさんにはご兄弟がおり、何もしなければその次の方に相続放棄をする必要があるため、その方の手続きをご依頼いただきました。

結果

無事、相続放棄が認められ、Aさんのご兄弟も続いて相続放棄が認められました。

「回答書の作成では、裁判所からの質問事項がたくさんあり一人で行うことは難しかったですが、司法書士に書き方をアドバイスを受けたため、安心して行うことができました」と、喜んでいいただけました。

相続放棄の最新記事

無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る