新潟で相続・遺言のご相談はお気軽にご連絡下さい。

前妻との子供ではなく、後妻との子供に財産を残したいため遺言を作成したケース

状況

新潟さんのお父様は、若いころに離婚をされ、前妻との間に子供がいました。このまま行くと、別れた妻の子供に遺産がいってしまうのではないのかと、不安である娘さんからのご相談でした。

今のまま法定相続分はおかしいということで、ご相談がありました。

 

司法書士からの提案

お父様にお話をお伺いすると、前妻はすでに再婚をしており、子供たちとも別れた後に全く連絡を取れなくなった、自分の財産は後妻との子供たちに渡したい、ということをお話されていました。

そこで、遺言を作成し最低限の財産を前妻との子供たちに、残りは全て後妻との子供たちへ渡す旨を書くことをご提案しました。

 

結果

自分に万が一のことがあった場合、息子や娘に前妻との子供たちとのトラブルになってしまうことをとても心配されていましたので、遺言を書かれてとても安心したと、喜んでいただけました。

遺言書の最新記事

無料相続相談受付中!025-250-6056

当事務所の解決事例

ページ上部へ戻る